【ソロギター】誰でも弾けるようになる!特殊奏法ネイルアタックの弾き方

日常, 雑記

今回は、押尾コータローさんの曲でよく使われる「ネイルアタック」と呼ばれる奏法について解説していこうと思う。ネイルアタックとは、押尾コータローなどのソロギター曲にちょいちょい出てくる特殊奏法。ソロギターを始めたばかりの人にとっては苦戦する奏法のうちのひとつであろう・・・

本記事では、「まずネイルアタックとは何か?」と「弾き方のコツ」を詳しく解説していく。

ネイルアタックとは?

ネイルアタックとは、右手の中指と薬指の爪側を弦にぶつける奏法だ。※中指(薬指)の1本だけでネイルアタックをする場合もありますが、始めの頃は中指と薬指の2本の指を使うことをおすすめします。
指の動きは”デコピン”に似ているとよく言われるが、デコピンほど中指と薬指を手の内側に丸めず、また親指に付ける必要はない。むしろ中指と薬指の力は抜いて、手の内側で軽く浮かせるのがコツだ。

奏法解説

f:id:toaru_kakurega:20200301193331j:image

ネイルアタックをする直前の構え。曲にもよりるが、ネイルアタック直前に親指または人差し指でピッキングするケースが一般的だ。このピッキングとネイルアタックをセットで考えても良い。

f:id:toaru_kakurega:20200301193549j:image


親指と人差し指を広げる反動と手首のスナップを生かして、中指と薬指を狙いたい弦(ネイルアタックにより音を出したい弦)にぶつける。このとき私は、”爪をぶつける角度”によってネイルアタックの種類を分けている。これについては次の項目で詳しく解説する。
また写真の赤丸で示しているように、伸ばした小指をサウンドホール下にあてて支えとしている。これに関しては自由であるが、私自身は小指の支えがネイルアタックの動きをコンパクトにしてくれて、次の動作に移りやすいという理由で使っている。
解釈としてのネイルアタックは、音を弾くというよりは「チャッ」という軽いノイズ音を出してリズムをとるイメージ。ちなみに参考本によって色々な呼び方がある。

ネイルアタックの種類は大き分けて2つあり、それぞれ微妙に違う手の動きが要求される。押尾コータローの曲を例に挙げて紹介していこう。

ネイルアタックの種類

1音または2音鳴らすことを目的としたネイルアタック

まず「1音または2音鳴らすことを目的としたネイルアタック」だ。

押尾コータローの曲では、「again…」や「DREAMING」などで多用されていた。下の「DREAMING」のライブ映像はこのネイルアタックが全体を通して使用されているため、音のイメージが付きやすいと思う。

Kotaro Oshio plays DREAMING

弾き方のコツ

f:id:toaru_kakurega:20200301194114j:image

構えは先ほど紹介した説明と同様。

f:id:toaru_kakurega:20200301194124j:image

ネイルアタック時。ポイントは、中指と薬指を中心に右手全体が指板に対して垂直にアタックしていること垂直にアタックすることによって中指と薬指が弦に当たる面積を最小限に抑えることができ、狙った音のみを出すことができる仕組みだ。またネイルアタック時に音を鳴らさないとき、つまりミュートしたいときは弦を押さえる方の手でミュートした状態のままネイルアタックをしている。当然音は出ずに「チャッ」という打音だけが響くだろう。

ここから実際の譜面を見ながら解説する。こちらは「DREAMING」の2回目のAメロパート。

f:id:toaru_kakurega:20200301201914j:image

ネイルアタックは、楽譜の上の✖記号である。(※参考本によって違うこともあります)

ダウンストロークに近いネイルアタック

各小節の2拍目(赤枠)の休符の部分では、押さえる方の手で弦をミュートした状態でネイルアタックをする(要はアタック音のみ)。また4拍目(緑枠)では、それぞれ楽譜に指定された弦(1小節目は1弦開放のミの音、2小節目は2弦開放のシの音)を狙ってネイルアタックを行い、アタック音とともに指定された音を鳴らす。これに関しては慣れるしかない。何回も練習しよう。

2つ目は「ダウンストロークに近いネイルアタック」だ。

名前だけだと分かりにくい。解釈の仕方としては、3音以上の音を鳴らすときに使うネイルアタックで良い。押尾コータローの曲では、「翼~you are the HERO~」のイントロ部分や「HARD RAIN」、「Chaser」などで使用されている。「Chaser」のライブ映像はこのネイルアタックが全体を通して使用されているので、音のイメージが付きやすいと思う。

Kotaro Oshio – Chaser (Live)

弾き方のコツ

f:id:toaru_kakurega:20200301194132j:image

ネイルアタック直前の構え。このネイルアタックはアップダウンのストローク中に使用されることが多いため、アップストロークとネイルアタック(中指と薬指によるダウンストローク)をセットで考えた方が良いだろう。

f:id:toaru_kakurega:20200301194142j:image

ネイルアタック時。ポイントは、中指と薬指を中心に右手全体が指板に対して平行にアタックしていること。平行にアタックすることによって中指と薬指が弦に当たる面積を広げることができ、より多くの音をアタック音と同時に鳴らすことができる仕組みだ。中指と薬指によるダウンストロークの経過中に爪でアタックするという解釈で良いだろう。さらに重要なのが”小指による支え”を使うこと。このネイルアタックでは手の振り幅が大きくなるので”小指による支えを行うと手の振れ幅が最小限に抑えることができ、コンパクトでスムーズに手を動かすことが可能となる。

こちらも実際の譜面を見ながら解説しよう。画像は「Chaser」のサビ部分。

f:id:toaru_kakurega:20200301210131j:image

各小節の表拍(赤枠)の部分でネイルアタックを、裏拍でアップストロークをしていく。また2小節目の2拍目と4拍目では楽譜に音の記載はないが、音は継続的に鳴っていると見なされるので楽譜通りにネイルアタックをしても問題ない。

弾く際の注意点

これらの内容はあくまでも私なりの解釈であるため、人によっては違う点もあるだろう。例えば、同時に2音鳴らすときにもストローク気味にネイルアタックを行ったり、またその逆も然り。そもそもこういった奏法には特別なルールはなく、言ってしまえば各々が弾きやすい手法をとればよい。そのためのガイドとして私の弾き方を参考にして頂けたらと思う。

まとめ

いかがだっただろうか?今回はソロギターの特殊奏法のひとつ「ネイルアタック」をできるだけ分かりやすいように解説した。何度も言うが、この奏法は人によっての解釈が様々だ。始めたての方はどの情報が正しいかで悩むことだろう。だがそこまで難しい奏法ではない。継続して練習すると必ずできるようになる。

それでは。